お悩み解決

会社の義理チョコをやめたい!迷惑だから廃止した事例を紹介します!

職場のバレンタインはめんどくさい

あなたの会社ではバレンタインの義理チョコを上司や同僚にあげたりしていますか?
あれってどう思いますか?
大っぴらには言えないけれどちょっと迷惑じゃないですか?

会社の義理チョコをあげる風習を廃止したいと思っているひとは結構いるものです。

私の会社でもバレンタインにはチョコなどのお菓子を女性から男性にあげる風習があるんですが、これがもう面倒くさすぎる!
なんで面倒くさい・迷惑だと思うのか理由をあげていきますね。

会社の義理チョコをやめたい!迷惑だと思う理由

バレンタインがどうして面倒に感じてしまうのか考察してみました。私はあげる側なのであげる側の意見をまずは紹介します。

会社の義理チョコをわざわざお菓子を用意するのが面倒くさい

バレンタイン日までに各自でお菓子をわざわざ用意するパターンと、部署の女性達でお金を出し合って代表者がお菓子を用意するパターンがありますよね。

各自でお菓子を用意するパターンの面倒くさいところは、わざわざせっかくの休日や時間のあるときにお菓子を買いに出かけなければいけないところです。しかも、会社の上司にもあげることになるので安物をあげるわけにはいきません。他の女性達も結構高級そうなのお菓子をあげているので、自分だけ安物をあげると浮いてしまいますし。

予算内で、高級感のある見た目で、運びやすくて、有名すぎるブランドだとつまらないし誰かとかぶる可能性があるのであまり知られていないブランドで、中に入っているチョコの数が多すぎず少なすぎないものがいい、など何をあげるか悩みながら、お店を見回ったりすることになるので結構時間がかかってしまいます。(買う物が決まっているならいいのですけど)

そして、バレンタイン時期はお店もチョコを買う女性でいっぱいなので、買い物をするだけでも一苦労です。
私も以前休日に都内までチョコを求めて行ったことがあるんですけど、だいぶ疲れた思い出があります。
せっかくの休日にわざわざ出かけていってチョコを買わないといけないなんて本当バレンタインは面倒です。

代表者がチョコを買いに行くパターンですと、一人で買いに行くより大分楽です。
自分が代表者じゃない場合限定ですが。
お金を出すだけでいいので負担はあまりありません。この場合の嫌なところは、自分が思っていたより請求額が高いときですね。私のいた部署は男性が多く、女性が少ないのでチョコ一つの値段はそれほど高くなくても全員にあげるチョコの値段を合わせるとそれなりの金額になってしまいます。
私も以前請求された金額が自分の予想より上回っていて驚いた思い出があります。それでも自分で買いに行くより楽なんですけどね。

ここまでがチョコを用意するまでに思う面倒くささです。

そして次に面倒くさいのが、チョコを相手に手渡すときです!

会社で義理チョコを相手に手渡すのが面倒

わざわざ仕事の手を止めて、買ってきたお菓子を職場の男性に渡す・・・。
職場ってチョコを渡しやすい男性と渡しにくい男性がいますよね。渡しにくい人に渡すのは結構疲れます。まあ、ささっと渡せば問題ないのですが、ただでさえバレンタインって好きな人に女性から男性に愛の告白とともに渡すという風習が日本では根付いているので、渡すほうはやっぱりどこか恥ずかしいもの。

しかも、もらう男性側も嬉しがっているというより面倒くさそうというか・・・。汗
男性側はバレンタインにお菓子をもらうとホワイトデーに返さないといけないですもんね。笑顔で仕事を押しつけているようなものです。そりゃ面倒くさいよねって思います。
あげる側としてもわざわざ用意したお菓子をあげても面倒くさそうに受け取られるとせつないです。

スポンサーリンク

会社の義理チョコをやめたいと思っているのはもらう側も同じかも

次にもらう側の男性の視点でも考えてみました。

会社の義理チョコなんていらないよ、と思っている人も結構多そう。

私の夫もバレンタインは面倒臭いからやめてほしいとよく嘆いています。

会社で義理チョコをやめたいのは、ホワイトデーにお返しをしなくてはならないのが面倒だから

先にも述べましたが、もらう側はホワイトデーにお返しをしなくてはなりませんよね。

好きな人からもらったお菓子のお返しなら選ぶのも楽しいでしょうが、職場の義理の贈り物をわざわざ選ぶのは面倒そうです。

実際、私の夫も職場であげるホワイトデーのお返しを毎年用意してますが、面倒そうにしています。

誰に何をもらったかを把握してないとあげ漏れもありそうなので確認する手間も必要です。

しかも男性にとっては可愛いお菓子売り場に行くのも抵抗があるものですよね。

会社で義理チョコのお返しにあげたものに大して何を思われるか気にしてしまうから迷惑

男性の方が意外と繊細で、あげた品に対して女性達がどう評価するのかを気にしてそうです。

こういったお菓子のブランドとかに詳しい女性って結構いますからね。

私の夫も何を思われるかを無駄に悩んで、お返しを決めるのが遅くてお店でうろうろしています。

実際私もホワイトデーにもらったお菓子でどれが美味しかったか考えちゃいます。

美味しいお菓子を送ってくれた人に対しては意識せずとも好感度も上がるかも…?

 

以上が私が思う職場のバレンタインの面倒くさいところです。
こんなに面倒くさいと、あげる側ももらう側も迷惑ですよね。
でも悲しいかな、職場にそういった風習が根づいていたらなかなか自分だけやらないなんて言いづらいですよね。

そこで、私の周りでの職場のバレンタインの風習をなくした事例を紹介します。

スポンサーリンク

会社の義理チョコをやめたいあなたに、廃止した事例を紹介します

バレンタインの会社でも義理チョコをあげる風習は無くすことはできないのでしょうか?

いいえ、実は無くした事例が私の身近には実際にあるんです!

その事例を紹介していきますね。

義理チョコ廃止事例①会社のルールとして禁止にする

私の会社では最近になって「虚礼は禁止」というルールができました。虚礼にあたるのは年賀状のやりとりや贈答品の贈りあいが該当します。(社内・社外とも)
ただ、このルールは主に社外とのやり取りを想定しているものなので、社内の贈り物の渡しあいには正直いって全く効力を発していません。
バレンタインの贈りあいは禁止ときっちりルール化されている会社だったらバレンタイン時期の風習をなくすのに一番効果絶大だと思うのですが、ルールが効いていない事例もあります。(笑)

義理チョコ廃止事例②女性が新人ばかりで職場でのバレンタイン風習をそもそも知らない

私とは違う部署の話ですが、男性しかいなかった部署にある年、数名の女性が入ってきました。女性は皆新人なので職場にバレンタインの風習があることを知らないのか、バレンタインの日にお菓子を男性にあげることはしてませんでした。
女性からお菓子をあげなかったのでホワイトデーに男性からお返しを贈ることもなかったそうです。
自然とバレンタインの風習がなくなった事例です。
もし職場のバレンタインは迷惑と感じているあなたが、入社したばかりで、バレンタインの風習があるかどうか知らない状態ならこの方法が使えるかもしれません。
ただ、周りの女性があげているのに自分だけあげない状態になるのは嫌だと思う方は、周りに確認するほうがいいでしょう。

義理チョコ廃止事例③職場でバレンタインはやらないと女性同士で宣言する

私の夫の職場での話です。
夫の職場でも毎年バレンタインには女性から男性にお菓子を贈っていて、夫が持って帰るお菓子を妻の私も一緒に食べるのを楽しみにしてたんですが、(笑)
去年は全く持って帰ってこなかったんですね。
なんでかと聞いたら、「今年からバレンタインはやりません!」と前もって女性達が宣言したそうな。
うーん、強い。
(私はお菓子を食べるのを楽しみにしていたので残念です・・・。)

前もって女性達で話合ってバレンタインはやらないと宣言するのは、確実にやらなくてよくなるし、自分だけがあげそびれることもなくなるし、もらう側も当日そわそわ?することもなくなるしいいことが多いですね!

バレンタインの風習をなくしたいと思っている人が社内で多いならば、この事例のように女性達で話合ってバレンタインはしないと宣言するのが一番確実でしょうね。

スポンサーリンク

会社の義理チョコが迷惑でやめたいときは廃止することも出来る

以上が私の周りの職場のバレンタインの風習をなくした事例でした。

いかがでしたでしょうか?
あなたも会社のバレンタインの義理チョコが迷惑でやめたい、風習を廃止したいと考えているのでしたら参考にしてみてくださいね。

まあ、私は職場のバレンタインは迷惑だと思いつつもホワイトデーにたんまりお返しがもらえちゃうので(笑)、目くじらたてて無くしたいほどではないですけどね(*´ω`*)

こちらもどうぞ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です