レビュー

守谷でケーキと言えばサンタムール!テレビチャンピオン準優勝の味

お菓子の家サンタムールを地元民がレビュー

守谷でケーキを買うなら「サンタムール」に行って欲しいです!

テレビチャンピオンで準優勝まで昇りつめた味が堪能できます。

ところで、ヘンゼルとグレーテルというおとぎ話をご存知ですか?

親に捨てられた兄妹が森で悪い魔女に出会ってやっつけるお話です。
その悪い魔女が住んでたのがお菓子でできた家です。
そのお菓子の家って憧れませんでしたか?

私も憧れました~!

お菓子の家ってどんな感じなんだろう?
壁はクッキーで出来ているのかな?チョコが溶けてしまわないんだろうか?
お腹がすいたら壁を食べてみたい!
お菓子の家があったら行ってみたい!

そんなことを考えていました。
そんなお菓子の家に出くわすことがないまま大人になってしまいましたが、なんとビックリ自分の住んでいる守谷にお菓子の家があったのです!

それが「お菓子の家サンタムール」という名のケーキ屋さんなんです。
今回そんな「お菓子の家サンタムール」さんに何度も通っている私が紹介しますね。

守谷のケーキ屋サンタムールって何?

お菓子の家サンタムールは茨城県守谷市にあるお菓子屋さんです。

地元の人はたいてい知っているようなお菓子屋さんです。

オーナーシェフは清水克人さんとおっしゃる方で、パリとフランスのアルジェ地方という場所で4年間も修行したそうです。1986年にパリ「シャルル・プルーストコンクール」のデギュシタシィオン(味覚)部門でなんと優勝!1944年にはテレビ東京TVチャンピオン・ケーキ職人選手権で準優勝という経歴の持ち主です。

「シャルル・プルーストコンクール(Concours Charles Proust)」とはサンミッシェル教会の会長シャルル・プルースト氏の功績を称えて1953年からスタートしたコンクールで、フランスでも権威のあるコンクールの一つで2年に一度開催されています。

ケーキとそれを飾るピエス・モンテ(大型の工芸菓子)、デギュシタシィオン(味覚)部門、プレザンタシオン(芸術性)の3部門で競い合います。

ちなみに、2018年のシャルル・プルーストコンクールでは日本人の石黒啓太氏が優勝しました。しかも、ピエス・モンテ部門、デギュスタシオン部門、一般大衆部門でそれぞれ1位、総合1位という圧倒的な快挙です!凄いですね!

こんな素晴らしい経歴をお持ちの方が守谷でお菓子屋さんを開いてくれるなんて嬉しいですね。

テレビチャンピオン準優勝の方がネット上の評判では良く見るのですが、こちらの伝統的なフランスのコンクールで優勝したということの方も凄いことなので頭に入れてくださいね。

元々守谷市の他の場所に開店していたそうなんですが、平成19年9月26日に今の守谷市久保ヶ丘の地に移転したとのことです。

私は移転後のお店しか知りませんが、移転したということは結構繁盛したのかしら。

スポンサーリンク

守谷のケーキ屋サンタムールはとにかく可愛い!

それでは、「お菓子の家サンタムール」はなんでこんなに評判が良いのか紹介しますね。

サンタムールは庭が可愛い

サンタムールの魅力はなんといってもお店の作り込みがとても可愛いってことなんです。
一軒家風の建物はオレンジ色で遠くからよく見えます。

お店の中に入る前に目を奪われてしまうのが庭です。
洋風のお庭で、妖精や動物の人形がところどころに配置されています。
ハロウィンの時期にはかぼちゃになってました!
なんだか外国に着たみたい。

それだけでも見てて素敵なんですが、入り口に向かって歩いていくと驚くべきことに大きな噴水があるんです!
庭の面積はすごく広いわけではないのに、半径1メートルくらいの立派な噴水があります。
普通ケーキ屋さんに噴水ってあるかな?

噴水はちゃんと水が流れていて、掃除もちゃんとされているのか溜まっている水は飲めそうなくらい透き通っています。
流れる水の音が心を癒してくれます。
噴水ってメンテナンスが大変そうだし水代電気代もかかりそうだしなんだか大変なイメージしかないですが、これをちゃんと綺麗に維持してるなんてサンタムールさんの意気込みが凄いです・・・。

広さは決して広いというわけではないのですが、庭のスペースの隅まで趣向が凝らしてあるので庭に入った途端おとぎの国に紛れ込んだような印象を受けます。

サンタムールは店内が可愛い

可愛いのは庭だけではありません。

お店自体もとっても可愛いです。

オレンジ色の壁に木やレンガで装飾されていて、ドイツにある中世の街並みから引っ越してきたみたい。

あ、残念ながら、お菓子の家とは言っても壁や屋根はお菓子では出来ていませんでしたよ。

そんなおとぎの国からそのまま持ってきたような外観のお店の中に入ると、まず飛び込んでくるのは甘ーいお菓子の香り!私はお店に入るこの瞬間が大好きです。

お店の中にはケーキやらお菓子屋らの甘い香りが充満していてずっとこの空間に包まれていたくなります。

サンタムールさんではお菓子を店内にある厨房で手作りをしているので、こんな風にお菓子の香りがお店中に広がっているんですよね。

店内は全体的に木の温かみのあるインテリアで、ところどころに可愛い雑貨が配置されていてジブリの世界に来たみたい。

入口から入ると、右手側にお土産用の日持ちする焼き菓子のセット類がおいてあって左手側にはケーキのショーケースが置いてあります。

一つ一つの商品の包装がとても可愛く工夫がされているので見ているだけでも楽しいです。

例えばアンティーク風の本の形の箱の中にクッキーが詰まっていたり、動物の柄のフェルトで作られた可愛い袋に焼き菓子が詰まっていたりします。

しかも来るたびにそれらの商品がガラッと季節に合わせて変わってるんですよ。

ハロウィン時期にはオレンジ色のカボチャをモチーフにした商品でいっぱいだったり、クリスマス時期にはサンタやトナカイといったクリスマスのモチーフで店内がいっぱいになっていて行くたびに新しい感動をもらえます。

私は基本商品を購入して持ち帰ることしかやったことないですが、イートインカフェも併設されているそうです。

今度行ってみたいですね

スポンサーリンク

守谷のケーキやサンタムールはテレビチャンピオン準優勝の味

味は一言で言うと「あっさりした甘さでくせがない」です。

私は生クリームが好きなのでよくショートケーキを頼んじゃうのですが、食後に食べてもペロリとたいらげられてしまえる甘さです。

ずっしりとしたケーキを食べると途中で「もう食べられなーい」ってなるんですが、サンタムールさんのケーキでは全くそんなことがないです。

甘さ控えめとなっているので、甘いのがそれほど好きではない私の夫でも「もっと食べたい!」と毎回必ず言うほどの味です。

全体的に甘さ控えめという感じで万人受けしそうな味です。

都内で有名なケーキとかだと、結構甘すぎたり、特殊な味がするものですが、サンタムールさんのケーキではそれがないです。

金額もケーキ1ピースで500円前後ととってもお得!

最近ケーキって高くて700~800円するものも多いです。それに比べて本当にお得でビックリしました。

ただ、1ピースが比較的小さいです。

一度に2個も食べれるくらいの大きさですね。

 

売っているのはケーキだけではなくて、焼き菓子、バウムクーヘン、クレープ、チョコレート、マカロン、プリンなど本当にいっぱい種類があります。

私も全部試してみたいんですが試しきれません…。毎回ケーキを買ってしまいます。

スポンサーリンク

守谷のケーキ屋サンタムールはイベントでない日も混んでる

ケーキ屋さんなのでクリスマス時期などは結構混んでいます。

注文するまでに行列に並ぶことも珍しくありません。

不思議なのが、クリスマスのようなイベントシーズンでもないときに行っても結構お客さんがいることです。

土日に行くのですが、毎回そこそこお客さんが来ていて驚きます。

行列になるほどではないのですが、店内ががらんとしている場面に出くわしたことは今までないです。

サンタムールさんの人気の高さが伺えますね。

スポンサーリンク

守谷のケーキ屋サンタムールでテレビチャンピオン準優勝の味を堪能してください

守谷で人気のお菓子屋さん「お菓子の家サンタムール」さんを紹介してみました。

近くに来たら是非寄ってみてくださいね。

店内に入った時の幸せな香りを堪能してみてほしいです。

こちらもどうぞ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です