お役立ちネタ

ヤフオクのジャンク品は使えるのか?!買ってみたら超失敗したよ!

「ヤフオク!」って知ってますか?中古品を売り買いできるあれです。

筆者は今まで「ヤフオク!」について存在は知っていたものの、使ったことはなかったんです。でも最近あるものが欲しくてたまらなくなり、ふと「ヤフオク!」を見たらお目当てのものが売られていたのでついつい落札しちゃいました!

で、結果失敗したので今回はその「ヤフオク!」失敗体験談を紹介します。これから「ヤフオク!」を利用しようと思っている方がいらしたら参考にしてみてください。

パナソニックのフットスパが欲しくてたまらなくなる

ことの発端は筆者がパナソニックのフットスパが欲しくてたまらなくなったことです。冬になって足が冷えて冷えてたまりません!自宅近くにあった酵素風呂に行ったらおまけに足湯をしてくれて、その足湯がとっても効果てきめんで身体中から汗がだらだら…。

こりゃいい!自宅でも足湯がやりた~い!となった筆者は足湯グッズの検索を始めます。初めはお店と同じようなお湯を入れるタイプの単純なバケツタイプを探していました。

6000円くらいの足湯バケツを買おうとしたら夫に止められ、「まずは家にある洗面器でも使ってやってくれ」と言われたので家にあった洗面器を使って足湯にトライします。

やったはいいものの洗面器を使った足湯は温度調節が難しい!熱湯を入れたら熱すぎで全然足を入れられないし、冷める時間が思ったより長い!やっと足を入れられたと思ったら今度はあっという間に冷えていって、たし湯をしてもすぐ冷めてしまう。おまけにお湯がたくさん入っている洗面器をリビングで扱っていたら、「こぼすなよ!こぼすなよ!」と見ている夫のうるさいこと、うるさいこと。

バケツタイプは自分には合わないなと思ったので、こっそり足湯グッズの検索を再開します。

で、見つけたのがパナソニックのスチームが出るタイプのフットスパ。口コミを見ているととってもよさそうな商品で読めば読むほど「自分が求めていたものはこれか」という思いが大きくなってきます。

でもお値段が1~2万するものでした。さすがに無断で買ったら夫に何を言われるか…。かといって「買って」といっても反対されるのが目に見えていました。セールになるまで我慢するしかないか…と思ってとりあえずフットバスの件は筆者の中で寝かせておくことになりました。

ですがある日、別件でヤフオク!をやってみようと思い立つことになり、ヤフオク!の画面を眺めていました。そして出会ってしまったんです。そう、お目当てのパナソニックのフットバスに…。

スポンサーリンク

ヤフオク!のジャンク品で1円で売られている!

パナソニックのフットバスを検索するとたくさん出品がありました!新品に近いものはそれなりのお値段、中古だと1000円くらいのものもあり、写真を見るかぎり綺麗で新品と変わりなさそう。

いいじゃない、と思いながら見ていくと驚きの商品が!なんと1円で出品されているものがあったんです!ジャンク品扱いでしたが、写真を見る限りは綺麗だし、説明には「通電します」と書かれてあるので「自分である程度掃除すれば使えるようになるかな」と思いました。

「(送料別だけど)1円なら勝手に購入しても夫に怒られることはないかな」という思いもあって購入を決意!オークションだったのでもう一人いた落札者と10円単位で落札金額を上げあうという低レベルな争いを見事制し、安い価格で落札に成功!

お得に欲しいものが手に入ったという喜びでいっぱいになりました。

スポンサーリンク

ヤフオク!のジャンク品でも使える!と思ったら…

出品者とのやり取りはスムーズにいき、無事に商品が届きました。いざ包装を解いて中を見てみると…あれ?

「なんか…めっちゃ汚い!!」

写真では綺麗に見えたのに!実物を見ると埃が細かいところに溜まっているし、何かよく分からない茶色いシミがいたるところについていました。

フットバス 汚れ

写真では掃除したあとなので最初の時より綺麗になってますが、このような溝に埃や汚れがいっぱい詰まってました。

フットバス 汚れ

配線にもとれない汚れ…。配線の後ろにある網部分にも汚れがたくさんついていて掃除が大変でした。

フットバス 内部

こういう細かいところにもゴミがたくさん詰まっていました。(写真は掃除後)

超ショック!!

でもジャンク品扱いだったのを了承して買ったので文句は言えません。「汚れくらいなら自分で洗えばなんとかなる!」と気持ちを奮いたたせて掃除をすることにしました。

でも、商品の構造上、細かい部分が多くて掃除したくても届かない部分が多かったんですよね。「こうなったらやれるとこまでやろう!」そう思った筆者は商品の分解を始めました。

分解といってもビスで留められていたので、ドライバーでビスをまわすだけです。

頑張って外せそうな部品を一つ一つ外していきました。そして、本体の重要な配線部分までたどりつきました。そこで筆者はあることに気づきます。

フットバス 内部

配線が一本外れている…!

配線が何本かまとまっているんですが、その中の一本がぷら~んと外れていたんですよね。筆者がもっとこういったものに詳しかったら直せたのかもしれないですけど残念ながらそうではありませんでした。というか配線をつなぐべきと思われる箇所も奥にあって手では直せそうになさそうな場所でした。

「もしやこれ壊れているんじゃ…?」そう思った筆者は、分解したものを元に戻して電源をつけてみました。そうしたらリモコンから聞こえてきたのは、

フットバス 通電確認

「ピー!ピー!ピー!ピー!」

という明らかな異常音。もうこれ壊れてるじゃん…。

分解中に自分が配線を切っちゃったのかもしれないけれど、やっぱり最初から壊れたんじゃないかと思います。だってジャンク品扱いだったからね…。出品されている時の説明では「通電は確認済です」とはなっていました。確かに、通電は出来るけど、だからといってちゃんと使えるものとは限りませんね。

スポンサーリンク

ヤフオク!のジャンク品が使えるかどうかは運次第と思った方が良い!

こうして筆者のヤフオク!初体験は失敗となりました。この経験からヤフオク!でジャンク品を買うにあたって気を付けるべき点をまとめました。

通電できるとあっても壊れてないとは限らない

今回の商品説明では「通電確認済です」とあったので、筆者は勝手に商品が問題なく動くものだと勘違いをしました。でも今回のように通電はできても商品は壊れている場合があります。壊れてない商品が欲しい場合は面倒がらずにちゃんと動作するのか出品者に購入前に確認するようにしましょう。

「写真が全てです」という一文は怪しいかも

今回出品の説明では、説明はあまり詳しく書いておらず、「写真が全てです」という文が添えられてありました。これは商品説明を詳しくすると壊れていることが相手にばれてしまうので、あえて商品説明を控え目にして写真で確認してもらうという作戦なのかな?と思いました。

「写真が全てです」とある商品説明は何か他に隠しているものがあるんじゃないかと疑った方が良いと思います。

写真では綺麗でも細かいところは汚いかもしれない

今回商品説明での写真は結構綺麗に写っていました。でも実際は、写真には写っていないところに埃が溜まっていたりしましたね。ジャンク品を買うときは、「写真では綺麗でも写っていない部分は汚れているかもしれない」という疑いの目を持った方が良いと思います。

スポンサーリンク

ヤフオク!でジャンク品を買うときは故障品だと思って買おう!

筆者のヤフオク!失敗談と、そこから分かったヤフオク!でジャンク品を買う際に気を付けるべき点を紹介しました。まとめとして言うと、ジャンク品を買うときは故障品だと思った方がいいということです。

商品が壊れていないなら出品者はより高く売れるようにするためにジャンク品扱いにはしないでしょう。ジャンク品扱いで商品説明に壊れているという文がなくても、今回のように上手く嘘をつかずに商品説明をしているケースはたくさんあるでしょう。

故障品でもいいから購入したいというならジャンク品を購入しても良いと思いますが、壊れていないものが欲しければジャンク品は避けた方が無難でしょう。どうしても気になる商品があるなら事前に出品者に状態を聞いたほうが良いですよ。

今回筆者は失敗しましたがこうして記事ネタにもなったし、良い勉強になったと思ってます。この記事を読んだあなたは筆者のような失敗はしないようにしてくださいね。

こちらもどうぞ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です