食べ物

赤いたぬきと赤いきつねの違いは?何が違うの?口コミや反応はどう?

「赤いきつねと緑のたぬき」でおなじみの東洋水産が数量限定で麺を入れ替えた「赤いたぬき」を数量限定で発売することを発表しました。

「赤のたぬき」が生まれた経緯はなんなのか?みんなの反応はどうなのか?をリサーチしました!

「赤いたぬき」が出来た経緯。どうしてできたの?


なんで「赤いたぬき」が生まれたのでしょうか?

「赤いたぬき」が生まれたのは昨年10月から今年1月にかけて行われたアンケートによるものです。そのアンケートは「赤」と「緑」の食べ比べアンケートで、「赤」陣営と「緑」陣営にはそれぞれマニフェストが掲げられていました。

「赤いきつね」陣営が掲げたのが「赤いたぬき」を発売するというもの。結果として「赤いきつね」陣営がアンケートで勝利し、今回の「赤いたぬき」発売に至ったというわけです。

スポンサーリンク

「赤いたぬき」と「赤いきつね」は何が違う?


では「赤いたぬき」と「赤いきつね」の違いはなんなのでしょうか?

「赤いきつね」はうどんにお揚げが乗っているものです。今回発売する「赤いたぬき」はうどんに天ぷらが乗っているとのことです!さらに「赤いきつね」に入っているお揚げの刻んだものが入っているそうです!

美味しそうで早く食べてみたいですよね!

天ぷらが乗っているのは元々「緑のたぬき」でした。天ぷらが乗っているものが「たぬき」という名前になるようですね。「赤い」というのはうどんを示しているのですね。今回の入れ替えっこではっきりしました。

ちなみに逆バージョンのお揚げが乗ったそばは「紺のたぬき」としてすでに発売されています。

スポンサーリンク

「赤いたぬき」についてのネットでの反応、口コミは?

楽しみな「赤いたぬき」ですが、ネットでの反応はどうなのかリサーチしてみました!

「緑のきつね」ではないですが「紺のきつね」としてすでに発売されています。

今回のパッケージは「赤いきつね」とそっくりなので間違えて買う人が続出しそうですよね。

どっちがどっちだか混乱するのが目に見えていますね。

美味しそうなので筆者も早く食べたいです。

大阪にたぬきうどんというものはないらしいです。知らなかった…。

スポンサーリンク

まとめ

「赤いたぬき」と「赤いきつね」の違いやネット上の反応を紹介しました。食べてみたら口コミもしたいと思います!

天ぷらと刻んだお揚げの両方が入ってお得な気分になる「赤いたぬき」あなたも食べてみてはいかがでしょうか?数量限定なので早くなくなってしまいそうなので購入はお早めに…!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です