有名人

竹内友が復帰!死亡説も流れた病気の症状は?【ボールルームへようこそ】

「ボールルームへようこそ」の作者である竹内友さんの復帰が発表されました!竹内友さんは2016年に体調不良で休載。その後、再開をしましたが体調不良のため連載が進まず、2018年にまた体調不良で休載となっていました。アニメが原作を抜かしてしまう事態にも発展しています。

そんな心配な状況が続いていた中で、竹内友さんのツイッターで復帰が報告されました。一体気になる病気の名前は何だったのでしょうか?

竹内力が復帰!一体なんの病気だったの?

「ボールルームへようこそ」の休載が続いていた竹内力さんの復帰がツイッターで報告されました。気になるのはどんな病気だったのかですよね。分かる範囲でどんな症状が出ているのかを見ていきましょう。


ツイッターの公式アカウントが開設されたのが2012年11月。「ボールルームへようこそ」の連載が始まったのが2011年12月ですから連載が始まっておよそ1年後にツイッターを始めたのですね。

連載1年目のころのツイートです。「人として自立しなくては」という一文が気になります。これだけだと病気に関することには思えませんけど、体調不良で周りに迷惑をかけていたことに対する言葉にも見えます。それとも自立ができていないということは健康的な食生活が送れていないことを示しているのかもしれません。食生活は体調不良につながることですのでそんな見方をしてしまいます。

連載2年目ごろのツイートです。「連載再開しました」とあるのですでに休載をしていたことになります。休載になった原因は明らかにされていません。連載2年目ですでに休載なんてファンにとっては気になってしまうところです。


2014年1月に連載の再開のお知らせがあったというのに、7か月後にまた連載再開のお知らせです。わずか7カ月間に2回も休載をしていたことになります。このころはまだ病気についての報告はありません。


連載再開報告をした8か月後にまた休載のお知らせです。ですが、この休載は病気ではなく中途半端な状態で作品を仕上げたくないという理由ということがわかりますね。竹内友さんの描く絵はとても繊細で細かく、仕上げるのに時間がかかるだろうなということが素人でも分かります。この休載理由は納得です。

ただ、「ここ1年程、身の周りや心身共に色々あって」という文が気になります。病気のことを言っているようにもみえます。


連載ペースが月刊から隔月になったそうです。今まで休載が続いていたので隔月化されたようですね。


再び仕事を始めたという報告です。隔月化されたのにまた休載となってしまったんですね。この日のツイートでついに病気に関しての報告がされます。


「体を悪くしていたのですが、治療が完了する目途が立っていない状態で近況報告すると心配をかけることになるので口外しないでいました」とあります。ついに、今までの休載の理由について語ってくれました。やはり病気だったようです。

でも、こうして報告をしているということは治療する目途が立ったと考えられます。治る病気ならいいのですが…。


なんと半年間寝たきりだったそうです!ジムで歩くことから体の感覚を戻していますとありますので歩くことさえままならない状態であったことが分かります。そんな状態でも(休載もあったにせよ)仕事をしていたのは驚きです。


「生きて新刊が出せるとは思っていなかった」という衝撃的な言葉をつぶやいています。このことから竹内友さんの病気が命にもかかわることが分かりました。ただ詳細な病名などは明らかにされていません。完治する病気なのか…、ファンにとっては心配になってしまいます。


また体調不良を報告しています。病気が完治していないということでしょうか。心配です。それにしても体調不良なのに仕事をしなければならないのは漫画家というのは過酷な職業ですね。


初めて病名が明かされました。長期休載のころに急性腸炎にかかっていたそうです。ですが、急性腸炎だけが患っている病気ではないでしょう。何かメインの病気を持っていて、その病気によって免疫力が下がっていたところに急性腸炎になってしまったのでしょう。

メインの病気はの名前は明らかにされていません。


最新のツイートで連載再開の報告がされました。ファンにとっては嬉しい報告ですが、病気が完治されていないとしたらまた休載になる可能性はあります。

スポンサーリンク

まとめ

竹内友さんの病気についてわかることを調べてきましたが、詳しい病名は残念ながら明らかにされていませんでした。わかることは命の危機も感じるような重い病気であることと今は回復傾向にあるということです。

完治したという報告はないので完治はまだしていないものだと思われます。

ただ、連載も再開したことですし今後完治の報告がある可能性もあります。

筆者も「ボールルームへようこそ」のファンの一人なので、身体に触らないペースで連載をして頂けると嬉しいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です